レーマンについて

チョコレートには、5つの幸せがあると思う。贈る幸せ、もらう幸せ、選ぶ幸せ、開ける幸せ、そして、口に入れたときの、あのなんともいえない幸せ・・・。チョコレートであなたを幸せにしたい。レーマンから、想いをこめて。

Introduction

日本人がコーヒーや紅茶とともに洋菓子を楽しむことが日常的になったのは、ごく最近のこと。1948年(昭和23年)に創業したレーマンがチョコレートをつくりはじめた頃、世の中にはまだ手軽に口にできるようなスイーツはありませんでした。
レーマンという会社の始まりは、午後のひとときに洋菓子で心をなごませるようなヨーロッパの伝統を日本にも定着させたいという夢。そして、日本特有の季節感や日本人の繊細な味覚にふさわしい新しいおいしさをつくり出したいという思いでした。
創業から60年以上を経た今も、私たちはこのような初心を受け継ぎ、お客さまの笑顔を思い浮かべながら、心をこめておいしいチョコレートや洋菓子をつくり続けています。

Chocolate History

ヨーロッパの雄大なアルプスの山々を背景に、湖と豊かな森林に彩られた国スイスは、ミルクチョコレート発祥の地といわれ、伝統的なチョコレートの産地として知られています。避暑地として愛されているこの国最大の湖、レマン湖にちなんで社名をレーマン製菓と名づけた当社は、1948年(昭和23年)の創業以来、本物のチョコレートづくりに情熱を傾けてきました。
1961年(昭和36年)には、より上質なチョコレートをつくりたいという願いから、スイスと同様に湿度が低くさわやかな気候に恵まれた軽井沢にチョコレート工場を建設しました。新鮮なミルクと厳選されたカカオを使ったレーマンのまろやかで風味豊かなチョコレートはここから生まれるのです。

Philosophy

世の中がどんなに変わろうとも、おいしさのもつ本質的な価値は変わらないと私たちは考えています。いつの時代も、おいしさは楽しさ、安らぎ、そして癒しへとつながってまいります。レーマンは、頑固なまでに素材を厳選し、ていねいに練り上げた生地から、ひとつひとつ丹念に高品質のチョコレート菓子をつくり上げています。その職人気質は昔も今も変わりません。大量生産にあえて背を向け、手づくりの深い味わいにこだわっています。
また、私たちは、できたてのおいしさをお届けするための手間を惜しみません。これからも、お客さまのご要望をお聞きしながら、さらに技術を磨き、価値ある商品を提供できるよう努めてまいります。

Company Profile

商号 株式会社 レーマン
創業 昭和23年4月5日(法人改組 昭和26年11月10日)
資本金 28,000,000円
代表者 代表取締役 横山 淳司
所在地 本社:〒107-0052 東京都港区赤坂4丁目1番33号 赤坂中西ビル
 tel.03-3586-2571 fax.048-463-9409
和光工場:〒351-0113 埼玉県和光市中央1丁目3番1号
 tel.048-463-1011 fax.048-463-9409
軽井沢工場:〒389-0206 長野県北佐久郡御代田町大字御代田4108-8
 tel.0267-32-3156・7 fax.0267-32- 4007
事業内容 チョコレート、焼菓子、半生菓子の製造販売
取引銀行 りそな銀行神楽坂支店

History

1948年(昭和23年) 新宿区西五軒町で川上商店として創業。
キャンディー、板チョコレート、玉チョコレート等の販売をスタート。
1951年(昭和26年) 法人改組。社名をレーマン製菓株式会社に変更。
1957年(昭和32年) 本社工場を新宿区西五軒町に開設。
1961年(昭和36年) 軽井沢工場を開設。
スーパー・問屋向けに麦チョコレートの販売をスタート。
ギフト用チョコレートボックスの販売を拡大。
1968年(昭和43年) 百貨店向け商品の開発をスタート。
1976年(昭和51年) 和光工場を開設し、本社工場の製造部門をすべて移転。
チョコレート菓子と焼菓子の製造を強化。
百貨店向け高級ギフト商品の販売を拡大。
1978年(昭和53年) 百貨店の販路を拡張。
1988年(昭和63年) 半生菓子(軽井沢倶楽部)の販売をスタート。
1998年(平成10年) 本社を西五軒町から銀座へ移転。
2002年(平成14年) 社名を株式会社レーマンに変更。本社を銀座から赤坂へ移転。

PAGE TOP